ステンレスホース

ステンレスホースが出来るまで

ステンレス製の薄板材料をパイプ成型し、ダイス加工やバルジ加工といった特殊技術を用いて
連続したヒダをつけます。その後、種類によっては固溶体化熱処理を施しチューブが完成します。

チューブの上に数本のステンレス鋼線を組み合わせたブレードを被せて耐圧
耐久性の高いメタルホースの本体が出来上がります。

ホースを必用長さに切断して、使用条件にあった金具を溶接や機械加工で
取り付けメタルホースが完成します。

ステンレスホースの特徴

・優れた耐熱性(摂氏マイナス200度~摂氏600度まで標準対応)
・優れた耐久性(屋外配管でもステンレスホースはほとんど劣化しないので、長期使用が可能です)
・優れた耐食性(標準材質はSUS304ですが流体によってはSUS316Lの他特殊材質も製作可能です)
・バリエーションが豊富で過酷な使用条件に対応が可能。

ステンレスホースの推奨使用方法

・予測できないタンクと配管の地盤沈下による変位を吸収できます。
・ポンプの振動吸収し配管の破損を保護することが出来ます。
・配管の芯あわせが容易に出来るので工数削減が出来ます。
・チューブ配管をフレキ配管に切り替えることにより機器のコンパクト化が出来ます。

ステンレスホースの種類

レギュラーフレックス

■ 資料を見る

高速連続成型機で成形し、安定した性能を持つ汎用チューブです。
8A~65Aはスパイラルタイプ、80A~150Aはワンピッチタイプが標準になります。

アニュラーフレックス

■ 資料を見る

高速連続成型機で成形し、安定した性能を持つ汎用チューブです。
8A~65Aはスパイラルタイプ、80A~150Aはワンピッチタイプが標準になります。

タフフレックス

■ 資料を見る

レギュラーフレックス(スパイラル)にコイルを巻き付けて、繰り返しの曲げで劣化が起こるチューブ谷部を補強しています。
又、クローズピッチで柔軟性もあり、激しい作動がある配管で威力を発揮します。

ネオフレックス

■ 資料を見る

軽量で防振性、柔軟性が非常に優れている。
真空機器との接続や脱着の多い配管に効果を発揮します。

ブレードの種類と特性

平ワイヤーブレード

数本~10数本のワイヤーを平行に並べて機械編組します。
(圧力に応じ2重3重編みも可能です。)
耐屈曲性・耐圧性に優れたワイヤーブレードの一般品です。長尺の製作が可能です。

リボンブレード

板を帯状に切断し、竹かご状に手編みしています。
耐圧性能には優れていますが、連続した繰り返しの動きがある場合は適用しません。

リボンブレード機械編

板を帯状(板幅は6mm程度)カットし、機械編組します。
ローリー用フレキホースなど、外傷が付きやすい用途に使用します。
耐圧性はもちろん可撓性を持たせたリボンブレードです。
10m程度まで製作可能。※40A~150A